I-Components.comへようこそ

English polski Nederland Gaeilge 한국의 Slovenská Português ภาษาไทย Slovenija Hrvatska Kongeriket Italia العربية Français עִבְרִית español Dansk Svenska Deutsch Suomi românesc Türk dili Magyarország

アクセラレータカードは、サーバーのパフォーマンスを向上させるためにFPGAテクノロジーを活用しています

Accelerator cards exploit fpga technology to boost server performance

どちらもカス​​タマイズされた16nm UltraScale + FPGAをベースにしているため、ワークロードのニーズに合わせて新しいアルゴリズムや標準またはシフトに対応するように再構成することができます。

Alveo U200は、892kルックアップテーブル(LUT)、35Mビット内部SRAM、31Tバイト/秒内部SRAM帯域幅を備え、3100画像/秒を処理できます。

ザイリンクスのデータセンター担当副社長であるManish Muthalは、U250は1341k LUT、54Mbyteの内部SRAM、38Tbyte / secの内部SRAMを搭載し、毎秒4100画像を処理して、クラウドおよびオンプレミスのデータセンターサーバーのGPUおよびCPUを上回ることを示しました。彼はAleveo U250の例として、ハイエンドCPUと比較して20倍のリアルタイム推論スループットを可能にし、マシン学習やデータベース検索を加速するためにGPUに比べてレイテンシを3倍に減らすことを挙げました。

どちらのカードも現時点で開発者フォーラムで公開されています。

1つはゲートウェイ定義ネットワーキング(GDN)会社で、 Algo-Logic Systemsスマートな都市とユーティリティのためのダッシュボードを示した。第3世代のBlack Diamond Rackmount(BDR-3)は、アナログセンサからリアルタイムデータを取得して、同期チャネルを録音してストリーミングするなどして、動き(加速)、電力(電圧、電流)、圧力(空気、水)ギガビットイーサネット上で高解像度を実現し、信号処理にFPGAロジックを使用します。

統合されたシステムは、Alveo U200に実装された同社のKey Value Store(KVS)データ融合とスケーラブルな分析機能と組み合わせることで、リアルタイムの分析ダッシュボードをマージし、ライブデータを没入型の3Dビジュアライゼーションに統合し、システム、または業界がリモートサイトとオペレーティングシステムを監視することができます。

Algo-Logic KVSを搭載したAlveo U200アクセラレータカードは、標準のPCIeスロットに搭載したり、データセンターに配置したり、AlgoCentralクラウド上でサービスとしてアクセスしたりすることができます。