I-Components.comへようこそ

English polski Nederland Gaeilge 한국의 Slovenská Português ภาษาไทย Slovenija Hrvatska Kongeriket Italia العربية Français עִבְרִית español Dansk Svenska Deutsch Suomi românesc Türk dili Magyarország

エレクトロニカ:Zettler、電気自動車用リレーを発表

Zettler-AZEV132AZEV116とAZEV132は、2019年にリリースするIECモード2の電気自動車用充電リレーであり、接点溶接なしで短絡時に発生する可能性のある高瞬間電流に耐えられるように設計されています。

また、IEC62752:2016で要求されているように、潜在的なモニタリング接点を持っています。

AZSR1160は、最高36.8kVA(単相230Vac)/ 111kVA(三相400Vac)の光起電性アプリケーション用の160A高出力PCBソーラーリレーです。

従来のコンタクタの小型フットプリントに代わるものとして、大型の商用および屋上ベースのシステムだけでなく、商業用太陽光発電にも適しています。

AZSR190は、中型から大型のルーフトップおよび商用システム向けに、最大23kVA(単相230Vac)/ 69kVA(三相400Vac)のPVアプリケーション向けに開発された、ソーラーインバータ用の90AパワーPCBリレーです。

AZSR165は上記のAZSR190の65Aエコノミー版で、18,4kVA(単相230Vac)/ 55kVA(三相400Vac)まで動作します。 「Zettlerは最近、このリレーをDC側の太陽電池の蓄電アプリケーションに採用しました。

AZDC6は、太陽光の「急速シャットダウンシステム」(RSS)用の600Vdc小型リレーです。

2019リリース予定「コンパクトサイズにより、2017 NEC 690.12への準拠の一環として展開される特定のRSSボックスのデザインをより細くすることができます」とZettler氏は述べています。

ミュンヘンのブース118にあるホールA6のリレーを参照してください。